FC2ブログ

記事一覧

第42回(2019年12月15日)上映会のご報告

2019年12月15日(日)に開催しました上映会と交流会の報告です。
今回はスタッフをのぞき、13名(男性4名、女9名)の方が参加しました。
新規に参加された方は3名でした。
上映会の後は希望者で交流会、その後、ガヤトリー・マントラの3マラ斉唱という3部構成でした。
参加された皆さまと、素敵な時間を共に過ごせた事に感謝いたしております。

【上映テーマ】
「宗教学講座 初級コース 第252回 秘密伝承(スウェデンボルグの霊界2)」(クリックすると詳細が表示されます)
20191215_上映会2

【交流会の様子】
今回も、タカキミクラノミコト様(ハルカナウチュウノヒカリノミコト様)タカキミクラノヒメミコ様(ハルカナウチュウノヒカリノヒメミコ様)ミサキタカクノボルヒメミコ様にお越しいただきました。参加者様から頂いた、素敵なお花たちとともに、会場の皆さまを温かく見守っていただきました。
20191215_神々様1

参加者様より、お菓子の差し入れを頂きました。ありがとうございました。
20191215_差し入れ220191215_差し入れ5
20191215_差し入れ820191215_差し入れ7
20191215_差し入れ120191215_差し入れ420191215_差し入れ6
20191215_差し入れ3

いつものように輪になってお菓子を頂きながら交流会がスタートしました。
20191215_交流会1

最高の善の実施であるヤマ・ニヤマ
交流会では、これを実践するにあたり注意すべき点が数多く上がりました。
相手を傷付けないために嘘を付き、嘘を嘘とも認識していない。講義で鋭く突かれたこの指摘に反応された方が多く、自然と日常生活を振り返り、嘘を付かずに正直に生きることの難しさが話題になりました。
空気を読む、同調圧力、回りと協調しながら正直を貫くことの困難さから、自然と外に出ずらくなり、気付けば「明るい引きこもり」になってしまいがちの人が多いようです。
“黙っていればいい”と竹下氏は言います。智慧が必要です。

スウェデンボルグの霊界の太陽、ストア派のロゴス、朱子学の理、「パパラギ」に出て来たツイアビ酋長の大いなる心、そして宇宙の法であるヤマ・ニヤマ。天の理、愛の秩序を理解して意識して行動に表すことが重要で、理解するだけでなく体現して初めて本物だと言及されています。体現とは、行動として自然にできることだと。
自覚すら難しい習慣化された習わしや癖に抵抗するにはどうすれば良いのでしょうか?
ここで、今まで受けてきた竹下氏の様々な講座内容を個人的に振り返ってみました。
丁度一年前の2018年12月に上映した「親子(17):背く子背かれる親(親切と期待)」では、人間が無意識に抱く相手への期待について、次の様に対処するよう説明されています。
―― 自分の期待に気づいたら捨てることを繰り返す。そして人は自然と悟っていく。
嘘についても同じだと思いました。気付いたら直に辞めることを繰り返し、丁寧に反復練習して身体に刻み込んでいくことで、やがて行動として自然にできるようになって成長していくのが王道なのだと。この部分は、他の多くの講座でも語られていると思いますので、皆さまも是非思い返してみてください。

”哲学・宗教・人生は一体で分けられない”
ここに共感された方も多いです。残念ながら、哲学(面白くない)、宗教(怪しい)、人生(世知辛い)で随分と分断されて来たと思います。講座や推薦図書などを再読しつつ、内部統合して揺るぎない心の安定の基礎を築いて行きたいと思いました。
多くの話題を提供してくれた講義でしたが、セイレンの強烈さが際立っていました。実在のダーキニー、セイレンの姿に唖然とされた方も多かったと思います。嬉しいことに、鳥取の「すなば珈琲」は崖っぷち企画と桶狭間奇襲作戦で今も顕在です。

世界が美しくなっていることを実感させてくれる、身近な変化についても話題に上がりました。都内でも美しい光が降りているのが分かります。木々や植物が以前にも増して美しいことに加え、最近の富士山の壮麗で優美な様を強調される方がお二人もいました。夕焼けに輝く富士山を見て、思わず30分ほど釘づけになるなど、惹きつけて止まない素晴らしさがあるそうです。
富士山絡みで、写真家ロッキー田中さんによる美しい富士山の写真が掲載された「幸せを開く7つの扉(ビジネス社)」も話題に出ました。古本で見つけたら即買いをお勧めしました。

スウェデンボルグ氏が見た天界は、実は物質界に近い部分であったことが後半で説明されています。それでも、学ぶべきことがとても多いです。お正月休みは、近代の偉人スウェデンボルグ氏と日本史上の偉人にして天才野口晴哉氏の著作にふれるのもいいかと思います。

今回も皆さまの貴重なお話を聞くことができ、素晴らしい交流会となりました。参加された皆さま、本当にありがとうございました。

毎年楽しみにしているシャンティ・フーラカレンダーですが、今発売している美しい2020年度カレンダーを手にされた方も多いと思います。交流会ではもうすぐ役割を終える2019年度カレンダーのことが話題に上がりました。シャンティ・フーラのホームページでは2019年度カレンダーの効果的な飾り方(並べ方)が掲載されています。使い終わったカレンダーは、こちらを参考にしてお部屋を飾るのもいいですね。是非参考にしてみてください。

【ガヤトリー・マントラ3マラ斉唱の様子】
今回はスタッフを含めて14名が参加しました。
サイババが唱えるガヤトリー・マントラのCDを、40分に速度を調整したものと一緒に斉唱しました。
皆さまとともに、ガヤトリー・マントラを斉唱できることに感謝いたしております。
次回の斉唱も楽しみにしています。

【上映会スケジュール】
下記の日程で開催を予定しています。 
変更になった場合は、改めてHPでお知らせいたします。
会場:JESセミナールーム
    東京都中野区東中野 3-8-13 MSR ビル 6F
★2020年1月はお休みです。
2020年2月16日(日) 12:30〜16:50(12:00受付開始)
 ※開始時間がいつもより30分早くなっています。

 中止になりました。
 「賢い生き方、愚かな生き方(1)講義」
2020年3月15日(日) 13:00〜16:50(12:30受付開始) ← 未定
 「賢い生き方、愚かな生き方(1)質疑」
2020年4月12日(日) 13:00〜16:50(12:30受付開始) ← 未定
 「賢い生き方、愚かな生き方(2)前半」
2020年5月17日(日) 13:00〜16:50(12:30受付開始) ← 未定
 「賢い生き方、愚かな生き方(2)後半」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 アンケートの紹介です。
【テーマの感想】
・おもしろかったです。正直に生きるというのがやはり出来ていないなぁと思いました。
・(前回も書きましたが)スウェデンボルグのか今回の講演は、私がシャンティ・フーラの会員になって最初に見た映像で忘れていた部分も多く懐かしかったです。生前に悪い行いをしていた人間の霊たちは霊界でも似たようなことをしているというのは、自分のこれまでの人生を振り返ると死後自分もそういう所に行きそうで嫌になります。
・最初は人のために良かれと思って、空気を読んでウソをつくことが次第に日常的に当然となってしまうと、相手に対してはもちろん自分の本心にウソをつき、自分の本当の心が分からなくなって、精神的に苦しい思いをして、結果的に自分の人生に生きづらさを感じてしまうことがあると思いますし、実際にそのような状況も何度も経験してきました。ウソをつくという行為が自分や他人の人生にどのような影響をもたらすのが、改めて考え直す必要を感じました。
・スウェデンボルグの事をもっと勉強したいなと思った。
・心が世界をつくっている。皆が平和を望めば世界は平和になっているはずですね。教育が心を教えることを大事にしていないようになってしまっているのを、変えないといけないのですが、保身や場の空気を優先するためにウソをつくことが当り前の様になりますが、そうでない世の中がよいと思います。
・前回に続きスウェデンボルグであるが、まだ本を読んでいないのでわからない。「霊界の太陽」について知りたいと思っています。もっと知識を拡げたいと思いました。
・霊の世界のことは一般社会ではなかなか理解できないものです。このようなスウェデンボルグの内容を理解してから生きて行くことができたら人生はどんなにか楽になっていたことかと思います。多くの人々に知っていただきたい基礎知識ですね。霊はウソつきには本当にそうと思いました。自分の心の中に嘘がないように生きたいと思います。
・家の近くに大きな川が流れています。昔は船着場になっていて大都市に米を、そして逆に大都市から絹織物などが運ばれ、それに伴って周辺にはたくさんのお店ができ、とっても賑わっていたそうです。今では全く考えられない光景ですが、川が高速道路の役割をしていたとすると、歴史の一部が透けて見え、同時に日常もとても新鮮に感じることがあります。これからも身近な「自然の理」を意識しながら生活していこうと思います。
・今回改めて「ヤマ・ニヤマ」を実践していくことが「天の理」を知り、本物になるための最高の善であることを教えていただき、今まで以上に強く実践していこうと思いました。

【交流会について】
・久しぶりに参加して勉強になると思った。宗教者は悪霊とつながりやすいんだと思った。
・楽しかったです。
・二度目の交流会を楽しみにしています。
・初心に返って学んでいく元気がもらえる会です。皆様ありがとうございます。
・ガヤトリーマントラ3マラを初めてやりました。とても速くてついていけないところがありながら、やや眠くなりながらでしたが、皆さんとできてよかったです。また参加させていただきます。
・いろいろな方の日常的な出来事からウソをつかない事への思いを聞かせてもらって共感できることが多かったです。

【上映会について】
・ありがとうございました。
・また機会があれば参加したいと思います。
・スウェデンボルグについて、第3回、4回...とやってもらいたい。もっと知りたいと思います。
・家で動画を見ているといつのまにか寝てしまった、なんてことがあるのですが、今日の90分は本当にあっという間でしたし、今までで一番集中して拝聴することができました。ありがとうございました。
・人生についての本質という深い学びの場であるにもかかわらず、いつも会場は穏やかな雰囲気でリラックスした状態で学べています。これも来ている方の心が美しいからではないかと今日、思いました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
次回は2020年2月16日(日) 12:30〜16:50(12:00受付開始)です。
開始時間がいつもより30分早くなっています。

2月の上映会は中止となりました。次回は3月以降の予定です。
また、皆さまとお会いできることを楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiawasekiduku

Author:shiawasekiduku
会の名称「幸せをきづく」は、「幸せを築く」と「幸せを気づく」をかけたもので、関東地区で竹下雅敏氏の講話の上映会を行っています。どうぞよろしくお願い致します。本ブログは、スタッフが共同で運用しています。